犬と歩けば望にあたる
〜日本ライトハウス展編〜

『一張羅着てるってことは、今日もどっかいくんやな。』

10月13日と14日は、西日本最大級の視覚障害者のための展示会「日本ライトハウス展」に行ってきました。

「出展位置は、7階の11番やって」

『ラッキーセブンのワンワンやな。何かええ事がありそうやなー』

「ちょっと狭いけど、この机の下の私の足元でダウンしといて」

2日とも多くの方が並ばれたため、時間より早くのオープンとなりました。

当社のブース前にはみるみるうちに行列ができました。

『入れ替わり立ち代わり、オイラの鼻先に色んなかぐわしい香りが・・・。ほんま、鼻がバカになるわー。アレッ、クンクン、もしかして!』

(オーイ、兄弟!会いに来たデー!)

「この二頭の盲導犬は、色は違いますがほんまもんの兄弟なんですよ」

お互い尻尾をぶんぶん振り回して嬉しそう!!!

おかげさまで2日間とも、多くの方に体験をしていただきました。ありがとうございました。

『さっきな、兄弟とこの前の誕生日の話をしとってんけど、だいぶあいされているみたいやわ』

「わかってる。みなまで言うな。ギュッとしたるから」

『ちゃうねん。オイラは、形のあるものがエエねんけどなー』

 

新着・更新情報に戻ります

トップページに戻ります