カメラスタンドの使い方

(1)内容物の確認

箱を開けると、スタンド本体と電源コードが入っていることを確認してください。
このスタンドは、机の上などの平らな場所に置いて使用します。
ヘッドマウントのカメラが付いている部分を取り外して、スタンドに取り付けて使用します。
カメラスタンドを、箱から出した状態の写真です。

(2)ヘッドマウントからカメラの付いている部分を取り外す方法

ウェアラブルカメラを頭に装着した状態で、頭の後ろ中央のヘッドマウントを触ると、ストッパーを確認することができます。このストッパーを左から右に起こすとヘッドマウントを二つに分けることができます。そして、カメラが付いている方をスタンドに装着して使用します。
ストッパーを左から右に起こしてヘッドマウントを二つに分けます

(3)スタンドの説明とセットの仕方

まず、スタンドを自分の右側に置いてください。この時、ライトが左に向かって照らすように置いてください。スタンドの台の表面左側中央にある丸い突起物に一回触れるとライトがつき、もう一度触れると消えます。台の右側側面には、電源コードのUSB挿入口があります。USBは、ギザギザした面を上にして挿入してください。ライトのカバー表面には、ウェアラブルカメラを挿入するための金具が付いています。ここに、取り外したカメラ側のヘッドマウントを取り付けます。取り付け方は、ストッパーを起こした状態で金属に差し込みます。奥まで差し込むと、ストッパーを右から左へ戻してください。「カチッ」と音がしてスタンドに固定が完了です。
ストッパーを右から左に戻します

カメラと送信器をつなぐコードは、アームにそわせてクリップなどでとめてください。ヘッドマウントのカメラが付いていない方は、送信器カバーに付いているクリップに挟んでおくと、紛失防止になります。
カメラの付いていない方は、送信機カバーに付いているクリップに挟んでおきましょう。

(4)カメラの調節

カメラの調節はサポーターに聞きながら行います。高さの調節は、スタンドのアームを曲げることで行います。また、水平・垂直方向の調節は、ライト本体を手前や奥に倒して行います。

(5)具体的な使用方法

見てもらいたい物をカメラの下に置いて、カメラの電源ボタンを押してサポーターにつないでみてもらいます。服の色やコーディネイトなどを見てもらう時は、スタンドのライト部分を捻って使用することも可能です。この時、注意しなければならないこととしてカメラの映像が逆さまにならないように電源ボタンが必ず下に来るようにしてください。
カメラを使用しているイメージ画像です。

遠隔援護サービス申し込み

遠隔援護サービスのお申し込み画面が新しいウィンドウで開きます。(本サイトとは別の申し込み専用サイトに移動します)

表示されたフォームに記入後「送信」ボタンを押してください。

約一週間で、ご入力されたご住所宛てに、サービス機器一式をお届けいたします。
機器到着後、2週間無料でお試しができます。