現場・工場の遠隔支援からOJT・教育まで! 現場・工場の遠隔支援からOJT・教育まで!

現場・工場の
遠隔支援から
OJT・教育まで!

軽量ウェアラブルカメラ
「リモートアシスト」は、
さまざまな現場・シーンで
ご活用いただけます。

頭部に装着するウェアラブルカメラとAndroid端末により、離れた場所でもスタッフの目線映像が共有できる、遠隔支援カメラシステム「リモートアシスト」を、御社の業務に活用してみませんか?

遠隔にいる指図者がパソコン画面でリアルタイムに確認し、音声通話で的確な指示を発令することができます。

作業者側はワンボタンで接続できる簡単操作。また、ハンズフリーで本来の作業の妨げになりません。

動画は指図者側のパソコンから再生閲覧できますので 手順の見直しや課題対策の検討などにも有効です。

遠隔地への業務支援・監視・指導でお悩みの法人様・企業様に、スマホよりも使い方が簡単な「リモートアシスト」をおすすめします。

リモートアシストを
おすすめしたい業界・用途

製造

製造

海外工場のリモート品質監査に

海外や国内遠隔地の工場を品質管理部門がリモート監査・技術指導できます。

新型コロナ感染症などの影響で、現場への移動が制限される中でも、リモート品質監査が可能。

工場からのリアルタイム現場映像を確認しながら、現場の現状報告や、品質管理部門からの監査・技術指導が音声で相互におこなえます。

製造業への導入メリット

  • 生産・製造工程をモニタリングしながら、リモートで作業員をサポート
  • 品質安定化
  • ムリ・ムダ・ムラの早期発見
  • 作業レベルの高位標準化
建設

建設・土木

「やり直しコスト」削減に

数多くの現場を担当している現場監督の状況把握をサポートします。

工事現場の生中継カメラ映像の活用で、現場間の移動を必要最小限に抑えられます。

リアルタイム映像と両方向音声通話で、施工業者や関係部門との調整・指示を効率化できます。

高所・閉所の映像も送信可能です。

建設・土木業への導入メリット

  • 指示と異なる作業・部材の早期発見
  • 「やり直しコスト」の削減
  • 現場の3S指導に効果的
  • 施主への迅速な報告で信用度アップ
  • 長時間労働削減で「現場監督の働き方改革」を実現
メンテナンス

メンテナンス

人材育成やOJTに最適

生産機器や空調設備など各種メンテナンス業務には特殊技能やノウハウが必要です。

現場作業員や技能実習生に、熟練技術者が本社からリアルタイムで指導することで、メンテナンス精度の向上と作業完了確認が可能です。

メンテナンス業務への導入メリット

  • 複数拠点の複数作業員が、熟練技術者のノウハウを共有
  • メンテナンスの不具合の原因を録画映像で分析可能
医療

医療・介護

感染リスクの低減に

レッドゾーン勤務者の目線映像をグリーンゾーンで確認・指示が可能。感染リスクの低減が図れます。

フェイスシールドを付けながらウェアラブルカメラの装着が可能。

ウェアラブルカメラをレッドゾーンの常設機器として活用できます。

介護作業の監督・指示がリモートでおこなえます。

医療・介護現場への導入メリット

  • 感染リスクの低減
  • グリーンゾーンから作業の確認・指示が可能
  • 介護監督者の負担軽減
  • 介護サービスの向上
学校・教育

学校・教育

非対面型教育ツールとして

時代が要請している非対面型教育手法を低コストで導入できます。

オンライン授業によって、登校できない児童のサポートが可能です。

パソコンやタブレットのインターネット通信環境が整っていない児童・生徒にもリモートで指導できます。

ハンズフリーのウェアラブルカメラなので、リモートでの実技指導に有利です。

学校・教育現場への導入メリット

  • 導入コストが小さい
  • リモートの実技指導が容易
  • 学習塾・家庭教師の遠隔授業に利用可能
  • インターネット環境がなくても遠隔指導が可能
警備

警備

セキュリティ強化と人材育成に

スタッフの安全を確保しながら業務改善が図れます。

緊急で駆け付けた現場の様子が、リアルタイムで見られるため、スタッフに対し適切な指示が送れます。

警備スタッフの活動をリモートで監督・指導できます。

録画映像はエビデンスとなります。また、警備活動の検証にも使えます。

警備現場への導入メリット

  • セキュリティサービスの質の向上
  • 現場と本部の意思疎通の強化
  • 警備スタッフの安全性を確保
  • 顧客の信頼性の向上

遠隔支援カメラ
「リモートアシスト」って、
どんなシステム?

ウェアラブルカメラ着用イメージ
遠隔指示者イメージ

離れた現場にいるスタッフの「目線」と同じ映像が、リアルタイムで本社・本部のパソコンで映し出せます。その映像を見ながら、リアルタイムに指示が出せる新しいコミュニケーションツールです。

遠隔支援カメラリモートアシストの軽量ウェアラブルカメラと専用送信端末 遠隔支援カメラリモートアシストの軽量ウェアラブルカメラと専用送信端末
遠隔支援カメラ リモートアシストの軽量ウェアラブルカメラと専用送信機

なぜリモートアシストは
遠隔支援業務に適しているのか?

  1. ボタンひと押しで、すぐに通信スタート
  2. 軽量で装着がラク。しかもハンズフリー
  3. 映像も音声も記録可能で、安心

装着した人の目線だけを映し双方向で会話ができる遠隔支援カメラなら、現場での様子をリアルに映し出せ、離れた本社・本部でもまるでスタッフの横にいるかのような、的確な指示、応対が可能になります。

1. ボタンひと押しで、すぐに通信スタート

面倒な操作は一切なし。ウェアラブルカメラのボタンを1度押すだけで接続し、通信が開始できます。通話の終了時も、ボタンを押すだけ。メカに弱い方、ITスキルの低い方でも、簡単に使いこなせます。

ウェアラブルカメラのワンボタン
通信の開始・終了はウェアラブルカメラのボタンひとつでOK。

2. 軽量で装着がラク。しかもハンズフリー

ウェアラブルカメラそのものは、わずか8.7gと軽量ですので首・肩への負担はきわめて小さく、装着時の違和感も少なくなっています。さらに通信中でも両手が自由に使えますので、業務を妨げることなくコミュニケーションがとれます。Android送信機は最長6時間の連続使用が可能。さまざまなシーンでの業務・作業の妨げとなりません。
※ ヘッドマウント、ケーブル等は除く。

カメラからの映像を受信するPC画面イメージ
ハンズフリー設計なので現場での業務の妨げになりません。

3. 映像も音声も記録可能で、安心

現場対応に忙しいスタッフに代わり、映像と音声を映像受信側(本部・支部)のパソコンの操作によって記録できます。記録しておけば後で業務の確認・検証が行えますので、出動記録や報告書作成に役立てられるのはもちろん、スタッフ教育の教材としても活用できます。

ウェアラブルカメラのワンボタン
カメラからの映像を受信するPC画面イメージ(画像は合成です)

ウェアラブルカメラの特徴

ウェアラブルカメラのサンプル映像

ウェアラブルカメラから送信される映像はクラウド上に自動保存されます。ウェアラブルカメラと補助ライトを伸縮棒に装着して、暗所にあるLAN機器をモニターした映像の録画です。目線映像以外に、このような使い方も可能です。リアルタイム映像の解像度は800×600ですが、録画時には640×480にダウンサイズされます。

接写レンズ(特注)による映像のサンプル画像

ウェアラブルカメラに特注の接写レンズを装着して千円札を見た映像(解像度800×600)をキャプチャした静止画像です。接写レンズを取り付けると千円札偽造防止の「NIPPONGINKO」というマイクロ文字を判読することができます。

特注レンズは2枚で構成されていて、外側のレンズは広角レンズ、内側が接写レンズになっています。広角レンズを外すと接写カメラになります。接写レンズはカメラ本体に固定されているので外すことはできません。印刷会社様のリモート校正確認などでご利用頂けます。

特注レンズによる千円札の接写画像サンプル
偽造防止の「NIPPONGINKO」というマイクロ文字を判読することが可能です。

遠隔支援カメラリモートアシストの取扱説明書をご覧いただけます。

PDFアイコン
​遠隔支援カメラシステム リモートアシストの取扱説明書(PDF)

サブスクリプションで
導入可能

遠隔支援カメラシステム「リモートアシスト」は、月額9,800円(税別・データ通信料別)のサブスクリプションでご利用いただけます。

ご利用開始時の契約料金・設定料金などはいただきません。


リモートアシストご購入までの流れ

  1. お問い合わせフォームに業務内容・導入台数などを記入して送信
  2. 弊社よりメールにて返信
  3. 電話・メールにて詳細を決定
  4. お支払い
  5. 納品
  6. サポート
遠隔支援カメラ リモートアシスト - ウェアラブルカメラ 遠隔支援カメラ リモートアシスト - ウェアラブルカメラ

御社の業務を
リモートアシストが
ナイスアシストします!

リモートアシストについて
問い合わせる 


会社概要

会社名:
株式会社リモートアシスト
代表:藤井 慎一
設立:2017年10月2日
TEL/FAX:
(06)4980-3579
※お電話の受付時間:
月〜金 11:00〜17:00

わたしたちの目指していること

IT(アイティ)技術の進化などにより、身体に装着できる小型カメラと双方向の音声通話を利用すれば、遠隔地からカメラ装着者とのコミュニケーションも簡単に行える時代になりました。

このようなシステムをベースに、すべての視覚障がい者が安心して利用できるような「遠隔援護」システムを構築し、ハード面だけでなくソフト面でのサポート、操作支援が行える「遠隔援護サービス」を、全国統一のサービスとして実現できるのではないか——私たちはそんな想いで、「株式会社リモートアシスト」を設立いたしました。

視覚障がい者に対する私どもの遠隔援護サービスにより、これまで同行援護を利用できなかった視覚障がい者の方、また室内での不便さを少しでも解消したい方への援護手段として実績を上げてまいりました。

そしてポストコロナウィルス時代にどう向き合っていくかを問われる現在、当社の遠隔支援カメラサービスの技術、サービスの基盤を活かすことにより、ビジネスの現場における労働環境改善に貢献したいと考えます。

わたしたちは、映像コミュニケーションプラットフォームを、ハード・ソフト両面から構築し、人々から遠隔というバリアを取り除くことにより、労働環境と社会環境の改善に努めます。

誰もが安心して利用いただける「遠隔援護サービス」によって、視覚障がい者のQOL向上と、労働環境におけるQOL向上を目指していきたいと考えます。

問合せ直通番号:
06-4980-3579

リモートアシスト
お問い合わせフォーム

遠隔支援カメラシステム リモートアシストについてのご質問やご要望は下記フォームよりご連絡ください。

※ お問い合わせフォームからのセールス、勧誘などは固くお断りいたします。送信いただきましても、お返事はいたしかねますので、ご了承ください。

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
会社名
住所
電話番号
件名(必須)
メッセージ本文

必須事項ご記入の上、「問い合わせる」ボタンをお押し願います。

当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約が適用されます。