軽量ウェアラブルカメラ
「リモートアシスト」は、
さまざまな現場・シーンで
ご活用いただけます。

頭部に装着するウェアラブルカメラと専用通信機(Android端末)により、離れた場所でもスタッフの目線映像(一人称視線映像)が共有できる、遠隔支援カメラシステム「リモートアシスト」を、御社の業務に活用してみませんか?

業務用ウェアラブルカメラ「リモートアシスト」は、遠隔にいる指図者と現場スタッフを生中継でつなぎます。指図者はパソコン画面で現場をリアルタイムに確認しながら、音声通話で現場スタッフに的確な指示を発令するなど作業支援することができます。

作業者側はワンボタンで接続できる簡単操作。ヘッドマウント装着によるハンズフリーのため、本来の作業の妨げになりません。

動画は指図者側のパソコンから閲覧。録画再生できますので 手順の見直しや課題対策の検討などにも有効です。

リモート監査や遠隔臨場、現調をはじめ、さまざまなシーンでの迅速なソリューションに最適。

遠隔地への業務支援・監視・指導で課題をお持ちの法人様・企業様に、スマホよりも使い方が簡単な「リモートアシスト」をおすすめします。

※ クラウドサーバーへの自動記録をおこなわないシステムもお選びいただけます。

リモートアシストを
おすすめしたい業界・用途

製造

製造

海外工場のリモート品質監査に

海外や国内遠隔地の工場を品質管理部門がリモート監査・技術指導できます。

新型コロナ感染症などの影響で、現場への移動が制限される中でも、リモート品質監査が可能。

工場からのリアルタイム現場映像を確認しながら、現場の現状報告や、品質管理部門からの工程監査・技術指導が音声で相互におこなえます。

流通部門でも現場の映像を見ながらの確認や即時の対応ができます。

製造業への導入メリット

  • 生産・製造工程をモニタリングしながら、リモートで作業員をサポート
  • リモート工場監査による品質の安定化
  • ムリ・ムダ・ムラの早期発見
  • 作業レベルの高位標準化
建設

建設・土木

国交省遠隔臨場カメラに適合

国土交通省「遠隔臨場の試行」の「映像」と「音声」に関する仕様要件を満たしています。

数多くの現場を担当している現場監督の状況把握をサポートします。

工事現場の生中継カメラ映像の活用で、現場間の移動を必要最小限に抑えられます。

リアルタイム映像と両方向音声通話で、施工業者や関係部門との調整・指示を効率化できます。

高所・閉所の映像も送信可能です。

建設・土木業への導入メリット

  • 指示と異なる作業・部材の早期発見
  • 「やり直しコスト」の削減
  • 現場の3S指導に効果的
  • 施主への迅速な報告で信用度アップ
  • 長時間労働削減で「現場監督の働き方改革」を実現

リモートアシストは国土交通省「遠隔臨場の試行」に関する通達(令和2年5月7日)内の「映像」と「音声」の記録配信に関する仕様要件を満たしています。

  • 画素数:800×600  
  • フレームレート:15fps  
  • 転送レート:平均1Mbps

見積書発行は問い合わせフォームより受け賜わります。

問い合わせフォームへ 

メンテナンス

メンテナンス

人材育成やOJTに最適

生産機器や空調設備などの点検・整備、いわゆる各種メンテナンス業務には特殊技能やノウハウが必要です。

現場作業員や技能実習生に、熟練技術者が本社からリアルタイムで指導することで、メンテナンス精度の向上と作業完了確認が可能です。

メンテナンス業務への導入メリット

  • 複数拠点の複数作業員が、熟練技術者のノウハウを共有
  • メンテナンスの不具合の原因を録画映像で分析可能
医療

医療・介護

感染リスクの低減に

レッドゾーン勤務者の目線映像をグリーンゾーンで確認・指示が可能。感染リスクの低減が図れます。

フェイスシールドを付けながらウェアラブルカメラの装着が可能。

ウェアラブルカメラをレッドゾーンの常設機器として活用できます。

看護作業の支援・管理がリモートでおこなえます。

介護作業の監督・指示がリモートでおこなえます。

実習教育がリモートでおこなえます。

医療・介護現場への導入メリット

  • 感染リスクの低減
  • グリーンゾーンから作業の確認・指示が可能
  • 看護・介護現場での監督者の負担軽減
  • 支援・監督・管理がリモートで可能
  • 介護サービスの向上
学校・教育

学校・教育

非対面型教育ツールとして

時代が要請している非対面型教育手法を低コストで導入できます。

オンライン授業によって、登校できない児童のサポートが可能です。

パソコンやタブレットのインターネット通信環境が整っていない児童・生徒にもリモートで指導できます。

ハンズフリーのウェアラブルカメラなので、一人称視点映像による実技指導が有効です。

学校・教育現場への導入メリット

  • 導入コストが小さい
  • 一人称視線映像でリモートの実技指導が容易
  • 学習塾・家庭教師の遠隔授業に利用可能
  • インターネット環境がなくても遠隔指導が可能
警備

警備

セキュリティ強化と人材育成に

スタッフの安全を確保しながら業務改善が図れます。

緊急で駆け付けた現場の様子が、リアルタイムで見られるため、スタッフに対し適切な指示が送れます。

警備スタッフの活動をリモートで監督・指導できます。

録画映像はエビデンスとなります。また、警備活動の検証にも使えます。

警備現場への導入メリット

  • セキュリティサービスの質の向上
  • 現場と本部の意思疎通の強化
  • 警備スタッフの安全性を確保
  • 顧客の信頼性の向上

遠隔支援カメラ
「リモートアシスト」って、
どんなシステム?

ウェアラブルカメラ着用イメージ
遠隔指示者イメージ

離れた現場にいるスタッフの「目線」と同じ映像が、リアルタイムで本社・本部のパソコンで映し出せます。その映像を見ながら、リアルタイムに指示が出せる新しいコミュニケーションツールです。

遠隔支援カメラリモートアシストの軽量ウェアラブルカメラと専用送信端末 遠隔支援カメラリモートアシストの軽量ウェアラブルカメラと専用送信端末
遠隔支援カメラ リモートアシストの軽量ウェアラブルカメラと専用通信機

なぜリモートアシストは
遠隔支援業務に適しているのか?

  1. ボタンひと押しで、すぐに通信スタート
  2. 軽量で装着がラク。しかもハンズフリー
  3. 映像も音声も記録可能で、安心

装着した人の目線だけを映し双方向で会話ができる遠隔支援カメラなら、現場での様子をリアルに映し出せ、離れた本社・本部でもまるでスタッフの横にいるかのような、的確な指示、応対が可能になります。

1. ボタンひと押しで、すぐに通信スタート

面倒な操作は一切なし。ウェアラブルカメラのボタンを1度押すだけで接続し、通信が開始できます。通話の終了時も、ボタンを押すだけ。メカに弱い方、ITスキルの低い方でも、簡単に使いこなせます。

ウェアラブルカメラのワンボタン
通信の開始・終了はウェアラブルカメラのボタンひとつでOK。

2. 軽量で装着がラク。しかもハンズフリー

ウェアラブルカメラそのものは、わずか8.7gと軽量ですので首・肩への負担はきわめて小さく、装着時の違和感も少なくなっています。さらに通信中でも両手が自由に使えますので、業務を妨げることなくコミュニケーションがとれます。専用通信機は最長6時間の連続使用が可能。さまざまなシーンでの業務・作業の妨げとなりません。
※ ヘッドマウント、ケーブル等は除く。

ハンズフリー設計なので現場での業務の妨げになりません
ハンズフリー設計なので現場での業務の妨げになりません。

3. 映像も音声も記録可能で、安心

ウェアラブルカメラからの現場映像と相互通信音声は通信終了後にクラウドサーバーに自動保存されます。現場対応に忙しいスタッフに代わり、映像受信側(本部・支部)のパソコンで後から業務の確認・検証が行えますので、出動記録や報告書作成に役立てられるのはもちろん、スタッフ教育の教材としても活用できます。
●クラウドサーバーへの自動記録をおこなわないシステムもお選びいただけます。

リモートアシストのカメラ映像を
ご覧いただけます 

【録画ファイルについてのご注意】
通話中に、端末およびパソコンのネットワーク接続が切れたり、速度が極端に低下した場合や、パソコンの処理能力が不足した場合には、録画ファイルが生成できないことがあります。
●パソコン推奨仕様
CPU:インテル® Core™ i5相当以上、メモリ:4GB以上

カメラからの映像を受信するPC画面イメージ
カメラからの映像を受信するPC画面イメージ(画像は合成です)

ウェアラブルカメラの特徴

ウェアラブルカメラのサンプル映像

ウェアラブルカメラから送信される映像はクラウド上に自動保存されます。ウェアラブルカメラと補助ライトを伸縮棒に装着して、暗所にあるLAN機器をモニターした映像の録画です。目線映像以外に、このような使い方も可能です。リアルタイム映像の解像度は800×600ですが、録画時には640×480にダウンサイズされます。

接写レンズ(特注)による映像のサンプル画像

ウェアラブルカメラに特注の接写レンズを装着して千円札を見た映像(解像度800×600)をキャプチャした静止画像です。接写レンズを取り付けると千円札偽造防止の「NIPPONGINKO」というマイクロ文字を判読できます。

拡大したい対象の上に接写レンズを置き、その上にカメラを軽く載せます。直径12㎜程度の円内が拡大されます。印刷会社様のリモート校正、服飾関連では縫製状態の確認、農業関係では葉脈などをはっきりと見ることができます。

特注レンズによる千円札の接写画像サンプル
偽造防止の「NIPPONGINKO」というマイクロ文字を判読することが可能です。
(上の画像はモニター画面の一部をピクセル等倍で表示)

約2cm先の被写体から
遠景まで撮影可能

リモートアシストのウェアラブルカメラはヘッドマウント式ですので、両手を使う作業をしながらリアルタイムで映像を送信できます。

また、カメラ部分をマウントから取り外して、オプションの接写レンズや、市販の器具と組み合わせることで、被写体や作業環境に柔軟に対応します。

リモートアシストのウェアラブルカメラは、1/4″ネジ変換アダプター(オプション)を使って、ミニ三脚・クリップ・伸縮三脚・多関節アームなどさまざまな市販のカメラ固定具に装着できます。

カメラとの距離が約2cmの対象物から遠景まで、さまざまな被写体の映像を送信可能です。

使用目的/被写体 被写体までの距離 カメラのセッティング
0.25㎜程度の微小部位 2cm 接写レンズ
計測器の数値など 8cm 手持ち
パソコン画面 30cm ミニ三脚
手作業 50〜100cm ヘッドマウント
車両走行中 3m~ 助手席手持ち
定点監視・遠景 15cm~∞ 三脚
閉所・高所 ~100cm 伸縮棒+ライト

ネットワークでの遠隔支援カメラ
使用イメージ

ネットワークへの遠隔支援カメラ導入イメージ

ZoomやTeamsなどオンライン会議システムの「画像共有」機能を使って、サポート側のパソコン画面を共有できます。詳しくは本サイトの「ウェブ会議でご使用のときは音声共有を設定願います 」をご参照ください。

製品に関する情報を
ダウンロードできます

遠隔支援カメラパンフレット
遠隔支援カメラパンフレット(PDF、2021年8月1日版) 
遠隔支援カメラシステム リモートアシスト 取扱説明書
​遠隔支援カメラシステム リモートアシスト 取扱説明書(PDF) 
デモ機ご試用アンケート「お客様の声」
​デモ機ご試用アンケート「お客様の声」(PDF、2021年2月10日版) 

製品の外観および仕様は改良のために
予告なく変更される場合があります。
あらかじめご了承ください。

リモートアシストについて
問い合わせる 


リモートアシストと
スマートグラスは、
どこが違う?

最近話題の「スマートグラス」。さまざまな種類がありますが一般的にはカメラ、ディスプレイ、各種センサーが装着されたモデルが主流です。産業用としては当社の遠隔支援カメラシステムと同様、離れた場所での作業支援に使用されます。

また、WiFiやBluetoothで接続するものが多く、その分本体が重くなりがちです。

本体の価格は単機能タイプで6万円程度、高機能のタイプでは90万円を超えるものもあります。

低コストで遠隔作業支援に取り組みたいという方には、当社のシステムをおすすめいたします。

リモートアシスト スマートグラス
モニター なし
(専用端末に表示)
音声通話
大きさ 74.2mm×
13.6mm
(カメラ部)
重量 8.7g
(カメラ部)
40〜100g
程度
機能性 主に遠隔作業支援 多機能
操作性
ボタンひと押し
で通信開始

多機能なだけに
複雑なものも
価格 低価格 高価格

月々わずか9,800円から
ご利用いただけます。

遠隔支援カメラシステム「リモートアシスト」は、長期サブスクリプションプラン(2年以上)の場合、月額9,800円(税別・データ通信料別)でご利用いただけます。3か月からご利用いただける短期レンタルプランもございます。
「遠隔支援カメラ リモートアシスト」のお届け品の内容 

※ 税別・長期Wi-Fiプランご利用の場合

プラン 使用期間 初期費用
(税別)
月額使用
料金
(税別)
長期
サブスク
2年 9,800
短期
レンタル
3か月 10,000 15,000
  • 長期プランで24か月未満に解約された場合、別途、違約金が必要となります。
  • 通信用SIM(無制限)もご用意しています。月額5,000円(税別)

上記プラン以外に
「機器一括販売」も
ご利用いただけます。
詳しくはお問い合わせください。 


リモートアシスト
ご購入までの流れ

お客さま
「お問い合わせ
フォーム」
よりお問い合わせ
お問い合わせ
内容に、
ご返答
リモート
ミーティング
によるデモ
(ご希望の場合)
リモートアシスト

リモートミーティング
によるデモ実演

貴社パソコンに当社側カメラを接続し実際のリアルタイム映像をご確認頂けます。Zoom等を併用しながらご説明しご質問にもお答えします。


1カ月短期レンタルを
スタートいたします

従来の「3カ月」に加え、「1カ月短期レンタル」を新たに設けました。緊急に必要となるお客様は、ぜひご利用いただきますようお願いいたします。

使用期間 初期費用 レンタル費用 SIM代 合計
(税別)
1か月 10,000 15,000 5,000 30,000

1カ月短期レンタル
を申し込む 


遠隔支援カメラ リモートアシスト - ウェアラブルカメラ 遠隔支援カメラ リモートアシスト - ウェアラブルカメラ

御社の業務を
リモートアシストが
ナイスアシストします!


リモートアシストについて
問い合わせる 

会社概要

会社名:
株式会社リモートアシスト
代表:藤井 慎一
設立:2017年10月2日
所在地:
〒559-0034
大阪市住之江区南港北2-1-10
ATCビルITM棟6F
TEL:
090-1070-8266
※お電話の受付時間:
月〜金 11:00〜17:00
“リモートアシスト”ロゴは
株式会社リモートアシストの
登録商標です。

わたしたちの目指していること

ニューノーマルな働き方に
変えていく。

遠く離れた者同士が物理的な「距離」という壁を超えて、まるで傍らにいるように簡単にコミュニケーションをとることができれば、もっと優しい社会が実現するはず。そのような考えから5年前に株式会社リモートアシストを立ち上げ、視覚障害者の遠隔援護サービスの事業からスタートをしました。

その後世界は新型コロナウイルス感染症の拡大による多大な影響を受け、以前のように出張することもできず、職場はすぐ側での会話や指示、指導すら憚れるようになっています。

このような環境下において、現在当社の遠隔支援カメラシステムは4G/Wi−Fiの通信インフラを活用することにより、ビジネス現場での活用場面が大いに広がっています。ニューノーマルな働き方を考えるとき、まもなくやってくる5Gは一筋の希望の光に見えますが、そのメリットを享受するにはまだまだ時間が必要です。

もちろん5Gの特長を活かしたシステムの開発には着手していますが、時間とコスト、難易度を考え、現時点ではシンプルで使いやすい現行のカメラシステムを採用しております。

例えば、現場作業者と遠隔にいる指示者を結ぶことで業務の効率化や作業の正確さにつながります。また、お互い離れた場所で作業、指示することで感染リスクの低減やリモートワークにも活用でき労働時間の短縮、ひいては働く人の労働環境の改善になります。

企業側にとっても業務の効率化はコストダウンにもつながります。また、人材育成や品質管理にも活用することで経営品質の向上に寄与します。さらにインターネットを介して海外の自社工場や取引先とのコミュニケーションツールとしても利用でき、これからのグローバルな社会の実現にも貢献します。

あらゆる現場の多種多様なニーズに当社の遠隔支援カメラシステム「リモートアシスト」は活用の可能性があり、まさに映像コミュニケーションプラットフォームとして『未来』を変える力があると信じています。「リモートアシスト」が企業とそこで働く人々の幸せにつながるよう日々努めて参ります。

リモートアシスト
お問い合わせフォーム

遠隔支援カメラシステム リモートアシストについてのご質問やご要望はこのフォームよりご連絡ください。

機器一括販売のお見積りをご希望の場合は、「件名(必須)」に見積書依頼、「メッセージ本文」に、主な使用目的、概算台数、SIMカードの要・不要を記入してお送りください。

オンラインデモを希望される場合は、ご希望の候補日時を第1希望から第3希望まで3日分ご記入ください。折り返しZoomのURLをお送り致します。デモの所要時間は約1時間です。

※お問い合わせフォームからのセールス、勧誘などは固くお断りいたします。送信いただきましても、お返事はいたしかねますので、ご了承ください。

お名前(必須)
メールアドレス(必須)
会社名(必須)
郵便番号
住所
電話番号
貴社ホームページアドレス
件名(必須)
メッセージ本文(必須)
必須事項ご記入の上、「問い合わせる」ボタンをお押し願います。
←チェックしてください。確認画面は表示されません。上記内容で間違いなければ、チェックを入れてから「問い合わせる」ボタンをお押しください。
当サイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約が適用されます。