被写体までの
距離と
カメラの使い方

約2cm先の被写体から
遠景まで撮影可能

リモートアシストのウェアラブルカメラはヘッドマウント式ですので、両手を使う作業をしながらリアルタイムで映像を送信できます。

また、カメラ部分をマウントから取り外して、オプションの接写レンズや、市販の器具と組み合わせることで、被写体や作業環境に柔軟に対応します。

リモートアシストのウェアラブルカメラは、1/4″ネジ変換アダプター(オプション)を使って、ミニ三脚・クリップ・伸縮三脚・多関節アームなどさまざまな市販のカメラ固定具に装着できます。

カメラとの距離が約2cmの対象物から遠景まで、さまざまな被写体の映像を送信可能です。

使用目的/被写体 被写体までの距離 カメラのセッティング
 0.25㎜程度の微小部位 2cm 接写レンズ
 計測器の数値など 8cm 手持ち
 パソコン画面 30cm ミニ三脚
 手作業 50〜100cm ヘッドマウント
 車両走行中 3m~ 助手席手持ち
 定点監視・遠景 15cm~∞ 三脚
 閉所・高所 ~100cm 伸縮棒+ライト

接写レンズを使って0.25mm程度の微小部位を撮影

当社製の接写レンズ(オプション)と組み合わせることで、約2cmまで被写体に寄って、拡大映像をリアルタイム送信できます。

拡大したい対象の上に接写レンズを置き、その上にカメラを軽く載せます。直径12㎜程度の円内が拡大されます。印刷会社様のリモート校正、服飾関連では縫製状態の確認、農業関係では葉脈などをはっきりと見ることができます。

ウェアラブルカメラに特注の接写レンズを装着して千円札を見た映像(解像度800×600)をキャプチャした静止画像です。接写レンズを取り付けると千円札偽造防止の「NIPPONGINKO」というマイクロ文字を判読することができます。

接写レンズ(オプション)の上にカメラを使って撮影すると直径12㎜程度の円内が拡大されます。
接写レンズ(オプション)を使って撮影すると直径12㎜程度の円内が拡大されます。
千円札偽造防止の「NIPPONGINKO」というマイクロ文字を判読できます。
千円札の接写映像(解像度800×600)をキャプチャした静止画像です。千円札偽造防止の「NIPPONGINKO」というマイクロ文字を判読することができます。

計測器の数値などを手持ちで撮影

約8cm程度まで被写体に寄って近接撮影ができます。計測器の数値などをリアルタイムで送信できます。

市販の自撮り棒などを使うと手持ち撮影がしやすくなります。
市販の自撮り棒などを使うと手持ち撮影がしやすくなります。

パソコン画面をミニ三脚を使って撮影

パソコン画面をリアルタイム送信する場合は、市販のミニ三脚にリモートアシストのウェアラブルカメラを装着すると便利です。

市販のミニ三脚にカメラをセットしてパソコン画面を撮影。
市販のミニ三脚にカメラをセットしてパソコン画面を撮影。

ヘッドマウントで手作業を中継

リモートアシストのウェアラブルカメラは、ヘッドマウント仕様ですので、両手を自由に使えます。

ウェアラブルカメラそのものは、わずか8.7g※と軽量ですので首・肩への負担はきわめて小さく、装着時の違和感も少なくなっています。
※ ヘッドマウント、ケーブル等は除く。

ハンズフリーで通信できるため、作業を止めずにコミュニケーションが図れます。この画像は、送信されてきた映像(800×600)をパソコン画面でキャプチャしたものです。
ハンズフリーで通信できるため、作業を止めずにコミュニケーションが図れます。この画像は、送信されてきた映像(800×600)をパソコン画面でキャプチャしたものです。

車窓からの撮影

車両の走行中に、助手席から手持ちで撮影した映像サンプルです。3m以上離れた被写体の見え方をご確認ください。

リアルタイム映像のサイズは800×600です。録画の際に、640×480(VGA)にダウンサイジングされてクラウドサーバーに保存されます。

市販の三脚を使って定点監視や遠景撮影が可能

定点観測の映像をリアルタイムでモニターする場合は、市販の三脚に設置すれば安定した映像が送れます。

約15cm先の被写体から遠景までの撮影が可能です。

市販の三脚に装着した状態。
市販の三脚に装着した状態。

市販の伸縮棒とライトを使って閉所・高所を撮影

伸縮棒にウェアラブルカメラを装着することで、作業者が入りにくい空間の映像をリアルタイム送信できます。暗い場所ではクリップ式のLEDライトなどを併用すると便利です。

撮影可能な被写体までの距離は、使用する伸縮棒の長さやライトの光量などによって変動します。

ライトと伸縮棒を利用することで、閉所や高所の様子も撮影できます。
ライトと伸縮棒を利用することで、閉所や高所の様子も撮影できます。

市販の器具を
撮影に利用できます

  • パナソニック
  • LEDクリップライト
  • BF-AF20P
パナソニック LEDクリップライト BF-AF20P

メーカーサイト 

Amazon 

  • Trackbee
  • 自撮り棒(三脚付き)
  • TB-SBD
Trackbee 自撮り棒(三脚付き) TB-SBD

Amazon 

おすすめの
Bluetoothイヤホンマイク

リモートアシストのウェアラブルカメラとの接続確認済みの機器です。

  • エレコム
  • 防水ハンズフリーヘッドセット
  • LBT-HS50WPDKBK
パナソニック LEDクリップライト BF-AF20P

メーカーサイト 

Amazon 

  • テムコジャパン
  • 骨伝導ヘッドセット
  • HG42-TBTS
パナソニック LEDクリップライト BF-AF20P

メーカーサイト 

Amazon 

おすすめの
Bluetoothスピーカー

周囲の環境音も聞こえますので、ひとり作業におすすめです。

ここにご紹介している市販器具は、当社遠隔支援カメラシステムに適した製品の一例として紹介しているものです。

各器具の機能・品質・在庫状態を保証するものではありません。

各器具の詳細、価格、在庫状況などにつきましては、各メーカーか販売サイトにお問い合わせください。