2020年5月6日

ヘッドマウントに装着できるフェイスシールド付きの遠隔支援カメラを医療機関に無償貸出

株式会社リモートアシスト(所在地:大阪府茨木市、代表取締役:藤井慎一)は レッド領域内の医療従事者の目線映像をグリーン領域や遠隔の医療機関のパソコンモニターに表示させ通話にて指示や報告を授受することにより感染リスクの低減につなげることができるシステムを開発・販売しています。

この度リトルムーンインターナショナル株式会社様が開発された視界の良い硬質フィルムのフェイスシールドが、透明度・耐久性・装着感も含めてベストマッチであることから同社の協力を得てリモートアシスト1セットに対し3枚を同梱してお届けすることになりました。

硬質フィルムのフェイスシールド

株式会社リモートアシストでは、このフェイスシールド付き遠隔支援カメラを 医療従事者の感染対策としてテスト導入頂ける医療機関に無償貸出を致します(問合せ06-4980-3579)。1医療機関あたり2~3台、合計10台を準備。状況により増台を検討し期間は6か月程度を考えています。

遠隔支援カメラシステムの特長

  • ボタンひとつだから誰でも簡単に扱える。
  • ハンズフリーだから本来業務に集中できる
  • 自動録画でエビデンス保存

 

医療機関における利用イメージ

関連記事

医療従事者への新型コロナウイルス感染リスク低減のために

フェイスシールドの取り付け方

 

リモートアシストについてのお問い合わせフォームへ