2020年12月1日

よくあるご質問(Q&A)

更新日:2020年12月21日

映像について

Q1:画像の品質はどれぐらいでしょうか?
A:2M_Pixel CMOSセンサーを搭載し、リアルタイム画像が、800×600のSVGA、録画映像は600×480のVGAで、いずれも15fpsとなります。
Q2:確か国交省の遠隔臨場では1920×1080以上となっていましたが?
A:当初の通達ではその仕様になっておりましたが、令和2年5月7日の通達では、「画素数:800×600、フレームレート:15fps、転送レート:平均1Mbps」に緩和されております。現場作業者側はBluetoothのイヤホンマイク使用をお勧めしています。
Q3:動画を見ながら同時通話は可能でしょうか?
A:可能です。
Q4:オートフォーカスは付いていますか?
A:オートフォーカス機能はありませんが、オーホワイトバランス機能、自動露出制御、エッジ強調、ノイズリダクション機能などを搭載しております。
Q5:暗い場所は映せますか?
A:肉眼で見える程度のものは撮影可能です。薄暗い場所ではヘッドライトなどを兼用いただくことで撮影が可能となります。
Q6:接写できますか?
A:接写レンズ(特注)を装着することで、2cmまでの接写が可能です。(サンプル画像は「製品紹介」ページ:「接写撮影が可能(オプション対応)」)。また接写レンズ無しでも、カメラ先端から8cm程度までの接写が可能です。ヘッドマウントに取り付けたまま手持ちで被写体に近づけます。付属アダプターを使って、三脚に固定してご使用頂くことも有効です。
Q7:映像を、複数のパソコンで見られますか?
A:カメラ装着者と通信できるのは、サポート側のパソコンのみですが、ZoomやSKYPEなどオンライン会議システムの「画像共有」機能を使って、他のパソコンと同時視聴は可能です。ただし画像の劣化と音声の遅延が起こる場合があります。
Q8:画像は録画できるのでしょうか?
A:A:通信中の映像・音声は、弊社サーバに自動的に録画されます。録画はお客さまご使用のサポートPCからのみ削除が可能ですので、1カ月を目途に削除して頂くようお願いしております。
Q9:Android端末に、撮っている画像を保存できますか?
A:Android端末(専用端末)では、撮影中の映像をモニターできますが録画はできません。弊社のサーバに自動録画いたしますので、その映像をストリーミング再生でご覧頂けます。
Q10:録画データはローカルにダウンロードできますか?
A:カメラと通信していたサポートPCで、ダウンロードが可能です。再生のサムネイル画像または再生画面上で右クリックし、ローカルパソコンに保存できます。その際のフォーマットは「webm」で、取り込んだ後はMP4などに変換して社内共有してください。

端末、その他の仕様について

Q1:今、自分が使っているAndroidは使えますか?
A:カメラのボタンひとつで自動的に接続できる、非常に簡単な操作環境を実現するため、本遠隔支援システム専用の端末となっております。従いまして、今お使いのAndroidスマホ、iPhoneなどはお使いいただけません。
Q2:ウェアラブルカメラにマイクやスピーカーは付いていますか?
A:USBケーブルで接続されたAndroid端末のマイク、スピーカーを使用して交信します。別途、Bluetoothイヤホンマイクなどと組み合わせてご使用いただくことで明瞭な音声通話が可能となります。弊社では骨伝導タイプや肩掛けタイプの推奨モデルも準備しておりますので、お問い合わせください。
Q3:バッテリーは、どれぐらい持ちますか?
A:新製品時、連続使用時間は約6時間となっておりますが、使用状況によって変化いたします。
Q4:防塵、防水機能はどうでしょうか?
A:スタンダードタイプの遠隔支援カメラシステムは、防塵、防水対応となっておりません。防塵・防水の本格的通信システムをお求めのお客さまには、プレミアムタイプの遠隔臨場コミュニケーションシステムをご紹介しております。詳しくは「遠隔臨場コミュニケーションシステム」をご覧ください。
Q5:1時間あたりのデータ通信量はどれぐらいですか?
A:映像の内容にもよりますが、だいたい300~500MBぐらいになります。
Q6:通信時の情報のセキュリティはいかがでしょうか?
A:通信データの暗号化アルゴリズムはWebRTCの規格に準じてエンドツーエンドで暗号化されておりますので、安心してお使いください。
またAndroid端末の固有番号は、あらかじめシステムに登録されており、これが一致しないと接続されない仕組みになっております。万一、機器が盗難・紛失された場合でも、弊社にご一報いただけましたら、すぐに無効化し接続できない状態にいたします。

海外での使用について

Q1:海外で使用できますか?
A:遠隔支援システムで使用するSIMカードはドコモ回線を利用しており国内のみの対応ですが 現地のSIMカード(nanoSIM)をご利用頂ければ海外でも可能です。またWi-Fi環境であれば通信コスト不要でお使いいただけます。現地で動画コンテンツがストレスなく再生できる通信環境であれば問題ありません。

デモ機について

Q1:デモ機は、希望すればすぐに送ってもらえるのでしょうか?
A:デモ機は数に限りがあり、現在、多くの法人様よりご希望を頂いている状況です。ご迷惑をおかけいたしますが、10日程度のお時間をいただいております。悪しからずご了承ください。
Q2:どれぐらいの期間、貸していただけるのでしょうか?
A:約2週間となっております。
Q3:いろんな部署で試したいので、デモ機を複数台、お借りできますか?
A:デモ機は1社1台でお願いいたします。
Q4:デモ機が好評だったので、そのまま契約して使い続けたいのですが?
A:デモ機は、あくまでデモ機専用となっております。ご希望いただきましたら正式に契約させていただき、速やかに本機をお届けいたしますので、デモ機はご返却お願いいたします。

ご使用契約について

Q1:使用はレンタルのみでしょうか?
A:買い取りもございます。買い取りの場合、1セット144,600円(税別)となっております。ランニングコストとして30GBまでのデータ通信料とシステム利用料合算で、1月あたり9,800円(税別)が必要となります。
Q2:サブスクリプションには、装着するための器具等の使用料も含まれるのでしょうか?
A:含まれます。具体的なセット内容としてはウェアラブルカメラ、ヘッドマウント、Android端末(専用端末)、充電器、三脚などに取り付けるアダプターとなっております。
Q3:まとまった台数を発注した場合、1台あたり安くなりますか?
A:ボリュームディスカウントさせていただきます。別途、ご相談ください。
Q4:3か月レンタルを行い、さらにもう1か月だけ延長することは可能でしょうか?
A:可能です。レンタル終了日までに、ご希望の延長期間(月単位)をお知らせください。そのまま継続してご利用いただけます。