× 体験・お問い合わせ サービスのお申し込み

遠隔サービスについて

当社が提供する「遠隔援護サービス」は、頭部に装着した「ウェアラブルカメラ」で
撮影した映像を、専用のスマホを使って当社所属のサポーターに送り、サポーターは
その映像を読み取り音声で内容をお伝えするサービスです。

遠隔援護サービスを受けている状況の画像 ウェアラブルカメラを装着したユーザーと遠隔援護サポーターが通信している
<サポーターのPC画面>
冷蔵庫の中身を映したカメラの映像
マッチングサーバーに接続して
サポーターに接続。
リアルタイムで画面共有されます。
ウェアラブルカメラと専用送信機
(Android)は有線接続です。
ウェアラブルカメラの画像
ウェアラブルカメラは両耳に乗せるように装着。メガネ着用時もOK。
ウェアラブルカメラを装着している男性の画像

ただ映像情報を機械的にお伝えするだけでなく、双方向の会話をしながら説明しますので、
「もっと詳しく教えて」 といった時もすぐにご要望にお応えできます。

サポート体制
サポーターは当協会に
所属するボランティアが担当致します。

●利用時間 8:00~20:00(年末年始・お盆は除く)
●利用回数の制限はありません。
笑顔で話す遠隔援護サポーターの画像
サポート体制
サポーターは当協会に
所属するボランティアが担当致します。

●利用時間 8:00~20:00(年末年始・お盆は除く)
●利用回数の制限はありません。
ご利用料金
月間ご利用料
Wi-Fiをお持ちで、ご自宅のみで使用される方
5,000円(税別)
Wi-Fiをお持ちでない方、
ご自宅以外でも使用される方。
5,000円(税別)
※オプション:イヤホンマイク¥200 / 月、カメラスタンド¥300 / 月 月額利用料
2年前払い
Wi-Fiをお持ちで、ご自宅のみで使用される方
115,000円(税別)
Wi-Fiをお持ちでない方、
ご自宅以外でも使用される方。
161,000円(税別)
※イヤホンマイク / カメラスタンドは無料サービス
<ご注意>
このサービスはご自宅や店舗など建物内のみのご利用となります。移動支援はできませんのでご了承ください。
ご自宅にWi-Fiがない場合や屋外で使用される場合は別途データ通信費用2,000円(税別)が掛かります。
ご利用を中止される場合は機材一式の返却をお願いいたします。
遠隔サービスご利用には、専用機器が必要となります。専用機器は有料貸与品です。

製品紹介

ウェアラブルカメラの画像
特長
視覚障がい者がひとりで装着、操作ができる小型ハンズフリー設計
サポーター側で静止画撮影できるので代読時にも便利
ボタン一押しでサポーターに接続、すぐにサービスを受けられます。
また動作状態を音声で確認できるので安心。
仕様
解像度:SVGA (800×600 画素)
フレーム数:15fps 撮影範囲:水平 56°/垂直 43°最短撮像距離:15 cm
寸法:長さ 74.2 mm × 直径 13.6 mm 重量:8.7g
主な機能
オートホワイトバランス機能
自動露出制御機能
エッジ強調機能
ノイズリダクション機能
シェーディング補正機能
実用新案登録
●第3218097号
※右利き・左利きで、カメラの位置が異なります。
お申し込み時に、どちらかをご申告ください。
TAISコード<01892-000001>
送信機(アンドロイド)
アンドロイド端末の画像
現在の状況を音声でおしらせします。
アプリのインストールや初期設定などを
済ませた状態でお届けいたします。

ご注意
通常のスマートフォンとしてのご使用はできません。
お手持ちのスマートフォンをお使いいただくことはできません。
SIMカードを入れ替えることはできません。
遠隔援護サポーターの画像
遠隔援護サービスのお申し込み画面が新しいウィンドウで開きます。
(本サイトとは 別の申し込み専用サイトに移動します)
表示されたフォームに記入後「送信」ボタンを押してください。
約一週間で、ご入力されたご住所宛てに、サービス機器一式をお届けいたします。機器到着後、2週間無料でお試しができます。
ウェアラブルカメラの画像
遠隔援護サービスのデモを体験いただける施設を紹介しております。
詳細を知りたいという方はお気軽にお電話でお問い合わせ下さい。
Skip to content