2020年5月16日

フェイスシールドの取り付け方

フェイスシールドの取り付け方をご説明致します

遠隔支援カメラ「リモートアシスト」では、ウェアラブルカメラのヘッドマウントに装着できるオリジナルのフェイスシールドを準備致しました。フェイスシールドの取り付け方は以下のとおりです。

以下の説明写真をクリックすると拡大表示します。表示後はブラウザの戻るボタンを押してください。

1. ゴムバンドの山をフェイスシールドの左穴に通し、ヘッドマウント(ウェアラブルカメラ側)の先端の穴に通し止めます。


2. 続いて右側も同様に通します。

3. カメラ側のヘッドマウントを左手に、もう片方を右手に持ちます。この時ゴムバンドの平らな面が顔の方を向くようにします。

4. ゴムバンドの平らな面をおでこにあてながら両手を後頭部へまわし、右側の金属部分を左側に差し込みロックレバーを倒します。カメラ上部の突起状のラインが最上部に来るようカメラ位置を整します。

取り付け方の動画もご覧ください。

フェイスシールドの装着の仕方📽

製品について

遠隔支援カメラ「リモートアシスト」は独自開発のウェアラブルカメラと専用送信機を使い、遠方とリアルタイムに映像を共有できる作業支援ツールです。

詳細については製品紹介ページをご覧ください。

ワンボタンで通信開始。ハンズフリーで業務を妨げない。

遠隔支援カメラ「リモートアシスト」のウェアラブルカメラと送信機(専用Android端末)
遠隔支援カメラ「リモートアシスト」のウェアラブルカメラと送信機(専用Android端末)

軽量ウェアラブルカメラ「リモートアシスト」は、さまざまな現場・シーンでご活用いただけます。

レッドゾーン勤務者の目線映像をグリーンゾーンで確認・指示が可能。感染リスクの低減が図れます。
レッドゾーン勤務者の目線映像をグリーンゾーンで確認・指示が可能。感染リスクの低減が図れます。

関連記事

ヘッドマウントに装着できるフェイスシールド付きの遠隔支援カメラを医療機関に無償貸出

医療従事者への新型コロナウイルス感染リスク低減のために


レッドゾーンでの
治療介護に最適! 
遠隔支援カメラシステム
について
もっと詳しく見る 
遠隔支援カメラシステム
について
問い合わせる